CONCEPT

「自分仕様のカメラ」、それがデジタル一眼レフ

撮りたい対象との遭遇、イメージしたように撮れる状況、そして、表現したいという強い思い…。多様な被写体や表現手法に対応するには、フレキシブルな撮影機材が必要です。この求めに応えることのできるシステムカメラのなかでも、もっとも完成されたシステムが、一眼レフカメラなのです。

長い時間をかけ、多くの写真家によって研鑽されてきた一眼レフカメラは、撮り手がレンズやアクセサリーなど、撮影に必要な要素を随意に選び、カメラに装着して、自身の撮影スタイルに最適な「自分仕様のカメラ」を作れるという、他にはない利点を備えています。

例えばレンズは、広角、標準、望遠、マクロ、高倍率ズームレンズといった豊富なバリエーションから、目的やスタイルに応じて選択することができます。アクセサリーもまたしかり。さまざまな状況・条件下での撮影を快適にするための要素を、自分自身で自由自在に選ぶことができるのです。

デジタル一眼は、撮影者に自由と可能性を約束する

きわめて個人的な感覚体験である心象風景を、たった一枚の画に表現する写真の世界。だからこそ、その道具であるカメラには、撮り手がより主体的に関わり、創意工夫できる余地が残されていなければならない。

シグマはこれを、「よいカメラ」を追求するための、不変不可欠の要件であると考え続けてきました。

その意味において、撮り手の表現意欲に、当意即妙に応えられる「持ち駒」を揃えることができ、さまざまな現実的制約のなかで、撮影者に可能な限りの自由度と、多くの可能性を約束できるシステムは、デジタル一眼レフカメラに勝るものはないと言ってよいでしょう。

まずは撮りたい写真ありき。旺盛な表現欲求と作画意欲があってこそ、能動的な撮影道具としてのデジタル一眼レフカメラと、その主要素であるレンズやアクセサリーの選定が可能になるのです。

「最高の一枚」を撮るために必要な手だてを、瞬時かつ自在に講じられるということ。自分のイメージを具体化するための自由な機会が与えられていること。

これらの点において、デジタル一眼レフカメラは、表現者である撮り手のクリエイティビティを十全に支えることのできる、現在最高のシステムカメラであるといえるのです。

高精度の作画を可能にする光学式ファインダー

もうひとつ、デジタル一眼レフカメラにとって最も重要なものが光学式ファインダーです。コンパクトタイプのデジタルカメラに実装されているような、背面LCDでファインダー像を映し出すライブビューや、エレクトロニックビューファインダー(EVF)は、進展著しい先端のデジタル技術によって、視認性や利便性を大幅に向上させています。

しかし、画面の隅々にまで神経を行き渡らせた構図の確認や、ピント確認の精度。被写体を捉えるリアルタイム性や、ファインダーを通して見たときの被写体の美しさなどの点で、精度の高い作画を可能にする光学ファインダーの魅力にはいまだ遠く及びません。被写体の美しさをより際立たせ、表現意欲を刺激することができるのは、現時点では光学式ファインダーをおいて他にないのです。

真の価値と個性をもつシグマのデジタル一眼

代替不可能な魅力をもつFoveon X3 ダイレクトイメージセンサーを備えたボディ。優れた結像性能をもち、どのような状況下でもイメージに沿って、最高の画質を実現できるレンズ。撮影の快適性を高めるアクセサリーとのコーディネーション。そして、写真づくりの眼を養い、作画意欲を促す光学式ファインダー。

デジタル一眼レフカメラは、あらゆる状況や要請に応えうる余地をもつシステムカメラの完成形として、いまだに最も重要なツールでありつづけています。デジタル一眼レフカメラを使いこなすことは、自ずと撮り手であるあなたの精神性や表現手法、写真のクオリティ、そして撮影スタイルを見つめる機会となるはずです。

自身のクリエイティブマインドに向き合い、「写真家」としての可能性を広げたいと願う人にこそ、いま、本当の価値と個性をもつシグマのデジタル一眼レフカメラを選んで頂きたいと思います。審美眼を鍛え、作風のレパートリーを広げ、創作意欲を促す喜びに満ちたツールとして、あなたの作家性を刺激してくれる一台となることでしょう。

SIGMA SD15 Special Contents